久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 原 好勇の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Amino acid residues in the N-terminal region of the PA subunit of influenza A virus RNA polymerase play a critical role in protein stability, endonuclease activity, cap binding, and virion RNA promoter binding
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 8月
    Journal of Virology
  • / Vol.80 No.16 7789~7798
  • 2

  • Inhibition of the protease activity of influenza virus RNA polymerase PA subunit by viral matrix protein.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.47 No.7 521-526
  • 3

  • Establishment and Characterization of a Continuous Cell Line from Pupal Ovaries of Japanese Oak Silkworm Antheraea Yamamai Guerin-Meneville.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    In Vitro Cell Dev Biol Anim
  • / Vol.39 No.1 1-3
  • 4

  • Ser624 of the PA subunit of Influenza A virus is not essential for viral growth in cells and mice, but required for the maximal viral growth.
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Arch Virol
  • / Vol.148 No.9 1687-1696
  • 5

  • Kinetic analysis of C-terminally truncated RNA-dependent RNA polymerase of hepatitis C virus.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.290 No.4 1188-1194.
  • 6

  • Promoter/origin structure of the complementary strand of hepatitis C virus genome.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    J Biol Chem
  • / Vol.277 No.32 28700-28705
  • 7

  • Caenorhabditis elegans reticulon interacts with RME-1 during embryogenesis.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Biochem Biophys Res Commun
  • / Vol.293 No.2 698-704
  • 8

  • Molecular cloning and characterization of the mouse reticulon 3 cDNA.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Cell Mol Biol (Noisy-le-grand)
  • / Vol.48 No.2 163-172
  • 9

  • インフルエンザウイルスの構造と遺伝子
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    臨床検査
  • / Vol.46 133-138
  • 10

  • Isolation of amantadine-resistant influenza a viruses (H3N2) from patients following administration of amantadine in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    J Clin Microbiol
  • / Vol.39 No.4 1652-1653
  • 11

  • Influenza virus RNA polymerase PA subunit is a novel serine protease with Ser624 at the active site.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Genes Cells
  • / Vol.6 No.2 87-97
  • 12

  • Antibody-scanning and epitope-tagging methods; molecular mapping of proteins using antibodies.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Curr Protein Pept Sci
  • / Vol.1 No.3 303-308
  • 13

  • Molecular evolution of human echovirus 9 isolated from patients with aseptic meningitis in northern Kyushu during the summer of 1997.
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.45 No.10 717-720
  • 14

  • Inhibition of influenza virus replication in cultured cells by RNA-cleaving DNA enzyme.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    FEBS Lett
  • / Vol.481 No.2 113-116
  • 15

  • 抗インフルエンザウイルス薬
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    治療学
  • / Vol.34 981-986
  • 16

  • Emergence of new influenza A viruses which carry an escape mutation of the HLA-B27-restricted CTL epitope of NP in Japan.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Microbiol Immunol
  • / Vol.44 No.10 867-870
  • 17

  • インフルエンザウイルスの分子生物学4・感染分子機構からみた治療薬開発の方向性
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    治療学
  • / Vol.34 44-49
  • 18

  • Molecular dissection of influenza virus RNA polymerase.
  • 雑誌 / 共著 / 1999年
    Rec. Res. Dev. Virol.
  • / Vol.1 p 839-847

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp