久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 佐藤 秀明の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • ヘム生合成経路におけるピロール結合反応の分子機構
  • その他 / 単独発表 / 2019年 9月
    第92回日本生化学会大会
  • 2

  • 基質誘導体を結合したヒドロキシメチルビランシンターゼ反応中間体の構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2019年 9月
    第43回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
  • 3

  • 基質誘導体を結合したヒト由来ヒドロキシメチルビランシンターゼ反応中間体の結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会
  • 4

  • ヒドロキシメチルビラン合成酵素の反応中間体と基質誘導体との複合体の結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2019年 6月
    2019年度日本生化学会九州支部例会
  • 5

  • Crystal structure of a NADPH-cytochrome P450 oxidoreductase (CYPOR) and heme oxygenase 1 fusion protein implies a conformational change in CYPOR upon NADPH/NADP+ binding
  • 雑誌 / 共著 / 2019年 3月
    FEBS Letters
  • / Vol.593 No.8 868-875
  • 6

  • ヒドロキシメチルビランシンターゼの反応中間体と基質類似体との複合体の結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2019年 3月
    日本化学会第99春季年会
  • 7

  • Crystal structure of the substrate bound form of biliverdin reductase with unpredicted substrate-stacked geometry revealed unique reaction mechanism
  • その他 / 共同発表 / 2018年12月
    Asian Crystallographic Association Conference (AsCA) 2018/CRYSTAL 32
  • 8

  • CPR-HO人工融合タンパク質の結晶構造
  • その他 / 共同発表 / 2018年11月
    平成30年度日本結晶学会年会
  • 9

  • 2分子の基質を結合したヒトヒドロキシメチルビランシンターゼの結晶構造
  • その他 / 共同発表 / 2018年 9月
    第91回日本生化学会大会
  • 10

  • ヒドロキシメチルビラン合成酵素(HMBS)の酵素反応と構造変化
  • その他 / 共同発表 / 2018年 8月
    第42回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
  • 11

  • NADP添加によるNADPH-シトクロムP450還元酵素とヘムオキシゲナーゼ間の相互作用増大の構造的要因
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    平成30年度日本生化学会九州支部例会
  • 12

  • 基質を2分子結合したヒドロキシメチルビラン合成酵素のX線結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年 6月
    第18回日本蛋白質科学会年会
  • 13

  • 基質2分子を結合したヒドロキシメチルビランシンターゼの結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2018年 3月
    日本化学会第98春季年会
  • 14

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素-ヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体の結晶構造分解能向上への取り組み
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)
  • 15

  • 癌代謝物である2-ヒドロキシグルタル酸がヒト由来ペプチドC末端アミド化酵素PAMに与える影響
  • その他 / 共同発表 / 2017年12月
    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)
  • 16

  • A substrate-bound structure of cyanobacterial biliverdin reductase identifies stacked substrates as critical for activity
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 2月
    Nature Communications
  • / Vol.8 14397, doi:10.1038/ncomms14397
  • 17

  • Atomic-resolution structure of the phycocyanobilin:ferredoxin oxidoreductase I86D mutant in complex with fully protonated biliverdin
  • 雑誌 / 共著 / 2016年10月
    FEBS Letters
  • / Vol.590 No.19 3425-3434
  • 18

  • I86D変異フィコシアノビリン:フェレドキシン還元酵素(PcyA)の精密構造解析から見えてきた活性部位周辺酸性残基の水素化状態
  • その他 / 共同発表 / 2016年 9月
    第89回日本生化学会大会
  • 19

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素からヘムオキシゲナーゼへの電子移動反応の生化学的検討
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第16回日本蛋白質科学会年会
  • 20

  • ヒドロキシメチルビラン合成酵素-阻害剤複合体の結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2016年 6月
    第16回日本蛋白質科学会年会
  • 21

  • ヒドロキシメチルビランシンターゼ-阻害剤複合体の結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2015年12月
    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会)
  • 22

  • 大きな構造変化を伴うシトクロムP450還元酵素からヘムオキシゲナーゼへの電子伝達機構
  • その他 / 共同発表 / 2015年10月
    日本結晶学会平成27年度年会
  • 23

  • 変異NADPH-シトクロムP450還元酵素(CPR)を用いたCPRからヘムオキシゲナーゼへの電子伝達機構の検討
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    第39回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム
  • 24

  • 基質類似体を結合したヒドロキシメチルビラン合成酵素の結晶構造解析
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
  • 25

  • ヒト由来ペプチドアミド化酵素PAMに対する癌代謝物の阻害効果
  • その他 / 共同発表 / 2015年 9月
    第9回バイオ関連化学シンポジウム
  • 26

  • Inhibition of Human Peptidylglycine α-Amidating Monooxygenase
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    RIKEN Symposium series: "Metals in Biology" in Wako
  • / 25
  • 27

  • Mechanism for the electron transfer from P450 reductase to heme oxygenase
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    RIKEN Symposium series: "Metals in Biology" in Wako
  • / 42
  • 28

  • Inhibitory Effect of a Novel Porphobilinogen Analog on the Synthesis of a Heme Precursor by Hydroxymethylbilane Synthase 
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    19th International Conference on Cytochrome P450 (ICCP450 Tokyo 2015)
  • / 47
  • 29

  • An Inhibitory Effect of a Porphobilinogen Derivative on Hydroxymethylbilane Synthase and the Crystal Structure of the Enzyme-Inhibitor Complex
  • その他 / 共同発表 / 2015年 6月
    RIKEN Symposium series: "Metals in Biology" in Wako
  • / 26
  • 30

  • ヒドロキシメチルビランシンターゼに対する2-ヨードポルホビリノーゲンの阻害効果と複合体の立体構造の解析
  • その他 / 共同発表 / 2015年 5月
    平成27年度日本生化学会九州支部例会
  • / 35
  • 31

  • ヒト由来ペプチドC末端アミド化酵素の結晶構造解析を目指して
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    日本化学会第95春季年会
  • / 2PB-045
  • 32

  • 新規ポルホビリノーゲン誘導体のヒドロキシメチルビランシンターゼに対する阻害剤としての効果
  • その他 / 共同発表 / 2015年 3月
    日本化学会第95春季年会
  • / 2PB-055
  • 33

  • X線結晶構造解析によるヘム代謝酵素複合体の立体構造解明
  • その他 / 共同発表 / 2014年12月
    立体視プロジェクションシステムを使った分子科学研究講演会
  • 34

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素とヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体との相互作用および電子伝達機構
  • その他 / 共同発表 / 2014年10月
    第87回日本生化学会大会
  • 35

  • Complex structure of NADPH-cytochrome P450 reductase and heme oxygenase-1
  • その他 / 共同発表 / 2014年 8月
    23rd Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography (IUCr2014)
  • 36

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素とヘムオキシゲナーゼの複合体構造
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第41回生体分子科学討論会
  • 37

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素からヘムオキシゲナーゼへの電子移動に関する構造基盤
  • その他 / 共同発表 / 2014年 6月
    第14回日本蛋白質科学会年会
  • 38

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素からヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体への電子伝達に関する構造基盤
  • その他 / 共同発表 / 2014年 5月
    平成26年度日本生化学会九州支部例会
  • / 58
  • 39

  • ヘムオキシゲナーゼの基質ポケットから 離れた分子表面の Leu77 はビリベルジンとの親和性に関与する
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    日本化学会第94春季年会
  • / 971
  • 40

  • Structural basis for the electron transfer from an open form of NADPH-cytochrome P450 oxidoreductase to heme oxygenase
  • 雑誌 / 共著 / 2014年 2月
    Proc. Natl. Acad. Sci. U S A
  • / Vol.111 No.7 2524-2529
  • 41

  • 大学医局紹介―久留米大学医学部―医化学講座の今:研究と教育
  • その他 / 単著 / 2013年11月
    福岡県医報
  • / No.1449 10-11
  • 42

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素-ヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体の結晶構造解析に向けて
  • その他 / 共同発表 / 2013年10月
    平成25年度日本結晶学会年会及び総会
  • 43

  • Ala置換変異によってヘムオキシゲナーゼ活性が上昇するLeu77の機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 44

  • Hinge欠損型NADPH-シトクロムP450還元酵素とヘムオキシゲナーゼ間の相互作用
  • その他 / 共同発表 / 2013年 9月
    第86回日本生化学会大会
  • 45

  • ヘムオキシゲナーゼ分子表面で揺らぐLeu77のAla置換変異体は何故酵素活性を上昇させるのか?
  • その他 / 共同発表 / 2013年 3月
    日本化学会第93春季年会
  • 46

  • ヘムオキシゲナーゼ分子表面に存在するF79の変異導入解析から見出された電子伝達機構
  • その他 / 共同発表 / 2012年12月
    第85回日本生化学会大会
  • 47

  • ヘム結合時にヘムオキシゲナーゼの分子表面で揺らぐアミノ酸残基F79 の変異体解析から見出される知見
  • その他 / 共同発表 / 2012年 9月
    第6回バイオ関連化学シンポジウム
  • 48

  • The role of amino acids on the surface of heme oxygenase in its catalysis: An analysis of F79A mutant
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    7th International Congress on Heme Oxygenases and Related Enzymes
  • 49

  • Reduction of CO-bound α-verdoheme-heme oxygenase-1 complex by NADPH-cytochrome P450 reductase
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    7th International Congress on Heme Oxygenases and Related Enzymes
  • 50

  • NMR解析で見出されたヘムオキシゲナーゼ表面に局在するF79の機能的役割
  • その他 / 共同発表 / 2012年 5月
    平成24年度生化学会九州支部例会
  • 51

  • ヘム結合時にヘムオキシゲナーゼ表面で揺らぐアミノ酸はどのような機能をもつのか?
  • その他 / 共同発表 / 2012年 3月
    日本化学会第92春季年会
  • 52

  • へムをこわす・へムをつくる
  • その他 / 単独発表 / 2011年10月
    東北大学多元物質科学研究所・生体高分子化学研究会
  • 53

  • ヘムオキシゲナーゼの変異体の解析から考察される電子伝達経路
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第84回日本生化学会大会
  • 54

  • ヘムオキシゲナーゼのタンパク質分子表面で揺らぐアミノ酸残基R85の変異体から考察される電子伝達系
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第5回バイオ関連化学シンポジウム
  • / 15
  • 55

  • ヒドロキシメチルビラン合成酵素・基質複合体の質量分析法による同定
  • その他 / 共同発表 / 2011年 9月
    第5回バイオ関連化学シンポジウム
  • / 97
  • 56

  • 水と脂肪の直接混合ファントムの作成とMRI研究での利用に関する基礎的検討
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    第67回日本放射線技術学会総会学術大会
  • 57

  • ヒト由来アポ型アミド化酵素の金属再構成体を用いた反応解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • / 59
  • 58

  • ヘムオキシゲナーゼの分子表面で揺らぐアミノ酸残基の変異体解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 5月
    平成23年度日本生化学会九州支部例会
  • / 39
  • 59

  • NMRによって揺らぎが観測されたヘムオキシゲナーゼ表面アミノ酸の機能解析
  • その他 / 共同発表 / 2011年 3月
    日本化学会第91春季年会
  • / 1PA-124
  • 60

  • NADPH-シトクロムP450還元酵素のコンホメーション変化と電子伝達
  • その他 / 単著 / 2011年 2月
    久留米医学会雑誌
  • / Vol.74 No.1,2 1-7
  • 61

  • Reduction of Oxaporphyrin Ring of CO-bound α-Verdoheme Complexed with Heme Oxygenase-1 by NADPH-Cytochrome P450 Reductase
  • 雑誌 / 共著 / 2011年 2月
    Journal of Inorganic Biochemistry
  • / Vol.105 No.2 289-296
  • 62

  • ヒドロキシメチルビラン合成酵素-基質複合体の精製と同定
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)
  • / 1P-0164
  • 63

  • Roles of Zinc and Iron in Peptide Amidation
  • その他 / 共同発表 / 2010年12月
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010)
  • / 1609
  • 64

  • Hinge欠損型NADPH-シトクロムP450還元酵素を用いたヘムオキシゲナーゼ反応と相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2010年 5月
    平成22年度日本生化学会九州支部例会
  • / 60
  • 65

  • ペプチドアミド化反応における亜鉛および鉄イオンの役割 (The roles of zinc and iron ion in peptide amidation)
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    日本化学会第90春季年会
  • 66

  • ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の構造解析 (Crystal structure of verdoheme-heme oxygenase-1 complex)
  • その他 / 共同発表 / 2010年 3月
    日本化学会第90春季年会
  • 67

  • Ferrous α-Verdoheme in Complex with Rat Heme Oxygenase-1. Its Crystal Structure and Electrochemistry
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    The 6th International Congress on Heme Oxygenases: Heme Oxygenases in Biology and Medicine
  • 68

  • α-ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の電気化学と結晶構造
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第24回生体機能関連化学シンポジウム・第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム
  • / 135
  • 69

  • Peptidylamidoglycolate lyase反応における鉄および亜鉛イオンの役割
  • その他 / 共同発表 / 2009年 9月
    第24回生体機能関連化学シンポジウム・第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム
  • / 189
  • 70

  • α-ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の結晶構造
  • その他 / 共同発表 / 2009年 5月
    平成21年度日本生化学会九州支部例会
  • / 76
  • 71

  • Crystal Structure of Rat Heme Oxygenase-1 in Complex with Ferrous Verdoheme: Presence of a Hydrogen Bond Network on the Distal Side
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 4月
    Biochemical Journal
  • / Vol.419 No.2 339-345
  • 72

  • ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ-1複合体の還元反応(Reduction of verdoheme-heme oxygenase-1 complex)
  • その他 / 共同発表 / 2009年 3月
    日本化学会第89春季年会
  • 73

  • Involvement of Metals in Enzymatic and Nonenzymatic Decomposition of C-Terminalα-Hydroxyglycine to Amide: An Implication for the Catalytic Role of Enzyme-Bound Zinc in the Peptidylamidoglycolate Lyase Reaction
  • 雑誌 / 共著 / 2009年 2月
    Biochemistry
  • / Vol.48 No.7 1654-1662
  • 74

  • 質量分析法によるヘムオキシゲナーゼとNADPH-シトクロムP450還元酵素,ビリベルジン還元酵素との相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)
  • / 355
  • 75

  • Crystal Structure of Rat Verdoheme-Heme Oxygenase-1 Complex
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)
  • / 355
  • 76

  • CO配位型ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体のオキサポルフィリン環の還元 (Reduction of oxaporphyrin ring of CO-bound verdoheme-heme oxygenase complex )
  • その他 / 共同発表 / 2008年12月
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)
  • / 355
  • 77

  • 質量分析法によるヘムオキシゲナーゼとNADPH-シトクロムP450還元酵素,ビリベルジン還元酵素との相互作用解析
  • その他 / 共同発表 / 2008年 5月
    平成20年度日本生化学会九州支部例会
  • / 54
  • 78

  • Mass spectrometric identification of lysine residues of heme oxygenase-1 that are involved in its interaction with NADPH-cytochrome P450 reductase
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    Biochemical and Biophysical Research Communications
  • / Vol.367 No.4 852-858
  • 79

  • α-ベルドヘム-ラットヘムオキシゲナーゼ-1複合体の電気化学的還元 (Electrochemical reduction of ferrous α-verdoheme-rat heme oxygenase-1 complex)
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2007)
  • / 220
  • 80

  • 共鳴ラマン分光法によるインドールアミン2,3ジオキシゲナーゼの解析(Analysis of substrate interaction of human indoleamine 2,3-dioxygenase by resonance Raman spectroscopy and site-directed mutagenesis)
  • その他 / 共同発表 / 2007年12月
    第45回日本生物物理学会年会
  • / S229
  • 81

  • Electrochemical Reduction of Ferrous α-Verdoheme in Complex with Heme Oxygenase-1
  • 雑誌 / 共著 / 2007年10月
    Journal of Inorganic Biochemistry
  • / Vol.101 No.10 1394-1399
  • 82

  • Supramolecular Hemoprotein Linear Assembly by Successive Interprotein Heme-Heme Pocket Interactions
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 8月
    Journal of the American Chemical Society
  • / Vol.129 No.34 10326-10327
  • 83

  • ベルドヘム-ヘムオキシゲナーゼ複合体の電気化学的還元
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    平成19年度日本生化学会九州支部例会
  • / 38
  • 84

  • FMN欠失NADPH-シトクロムP450還元酵素を用いたヘムオキシゲナーゼ反応における電子授受機構の検討
  • その他 / 共同発表 / 2007年 5月
    第7回日本蛋白質科学会年会
  • / 99
  • 85

  • ヘムオキシゲナーゼ反応における電子授受機構-表面プラズモン共鳴およびFMN欠失NADPH-シトクロムP450還元酵素による検討-
  • その他 / 共同発表 / 2007年 3月
    分子研研究会「ヘム代謝に関わる酵素の分子科学」
  • 86

  • Crystal Structure and Peroxidase Activity of Myoglobin Reconstituted with Iron Porphycene
  • 雑誌 / 共著 / 2006年12月
    Inorganic Chemistry
  • / Vol.45 No.26 10530-10536
  • 87

  • The Reactions of Heme- and Verdoheme-Heme Oxygenase-1 Complexes with FMN-Depleted NADPH-Cytochrome P450 Reductase: Electrons Required for Verdoheme Oxidation can Be Transferred through a Pathway not Involving FMN
  • 雑誌 / 共著 / 2006年10月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.281 31659-31667
  • 88

  • Ligand Binding Properties of Two Kinds of Reconstituted Myoglobins with Iron Porphycene Having Propionates: Effect of β-Pyrrolic Position of Two Propionate Side Chains in Porphycene Framework
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 7月
    Journal of Inorganic Biochemistry
  • / Vol.100 No.7 1265-1271
  • 89

  • Degradation of Ferriprotoporphyrin IX Dimethyl Ester by Rat Heme Oxygenase-1
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    the 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and the 11th FAOBMB Congress
  • / 162
  • 90

  • Reactions of Heme and Verdoheme in Complex with Heme Oxygenase-1 with NADPH/FMN-Depleted NADPH-Cytochrome P450 Reductase System
  • その他 / 共同発表 / 2006年 6月
    The 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and the 11th FAOBMB Congress
  • / 166
  • 91

  • FMN欠失NADPH-シトクロムP450還元酵素を用いたヘムオキシゲナーゼ反応における電子授受機構の検討
  • その他 / 共同発表 / 2006年 5月
    平成18年度日本生化学会九州支部例会
  • 92

  • ヒト脳由来ニューログロビンのヘム周辺環境とガス結合性
  • その他 / 共同発表 / 2005年12月
    第22回日本薬学会九州支部大会
  • 93

  • Preparation and O2 Binding Study of Myoglobin Having a Cobalt Porphycene
  • 雑誌 / 共著 / 2005年12月
    Inorganic Chemistry
  • / Vol.44 No.25 9391-9396
  • 94

  • 鉄ポルフィセンミオグロビンの過酸化水素との反応評価
  • その他 / 共同発表 / 2005年 3月
    日本化学会第85春季年会
  • 95

  • ヒト脳由来ニューログロビンのガス結合性に関わる残基とその役割
  • その他 / 共同発表 / 2005年 3月
    日本薬学会第125年会
  • 96

  • Unusual Ligand Discrimination by a Myoglobin Reconstituted with a Hydrophobic Domain-linked Heme
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 1月
    Journal of the American Chemical Society
  • / Vol.127 No.1 56-57
  • 97

  • Residues in the Distal Heme Pocket of Neuroglobin: Implications for the Multiple Ligand Binding Steps
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 2月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.279 No.7 5886-5893
  • 98

  • Enhancement of Enzymatic Activity for Myoglobins by Modification of Heme-Propionate Side Chains
  • その他 / 共著 / 2004年
    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines
  • / Vol.8 255-264
  • 99

  • Ligand Binding Properties of Myoglobin Reconstituted with Iron Porphycene: Unusual O2 Binding Selectivity against CO Binding
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Journal of the American Chemical Society
  • / Vol.126 16007-16017
  • 100

  • Hybridization of Modified-Heme Reconstitution and Distal Histidine Mutation to Functionalize Sperm Whale Myoglobin
  • 雑誌 / 共著 / 2004年
    Journal of the American Chemical Society
  • / Vol.126 No.2 436-437
  • 101

  • Peroxidase and Peroxygenase Activities of a Myoglobin Reconstituted with an Iron Porphycene
  • 単行本 / 分担執筆 / 2003年
    Biomolecular Chemistry: A Bridge for the Future, Proceedings of the First International Symposium on Biomolecular Chemistry (ISBC) 2003, Maruzen, Tokyo
  • / 190-191
  • 102

  • Syntheses of New Water-Soluble Dicobalt Complexes Having Two Cobalt-Carbon Bonds and Their Ability for DNA Cleavage
  • 雑誌 / 共著 / 2003年
    Tetrahedron Letters
  • / Vol.44 5197-5199
  • 103

  • Oxidation of Methoxyphenethylamines by Cytochrome P450 2D6. Analysis of Rate-Limiting Steps
  • 雑誌 / 共著 / 2002年 9月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.277 No.37 33711-33719
  • 104

  • Blue Myoglobin Reconstituted with an Iron Porphycene Shows Extremely High Oxygen Affinity
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    Journal of the American Chemical Society
  • / Vol.124 11226-11227
  • 105

  • Oxidation of 1,2,4,5-Tetramethoxybenzene to a Cation Radical by Cytochrome P450
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Journal of the American Chemical Society
  • / Vol.122 8099-8100
  • 106

  • Crucial Role of Lys423 in the Electron Transfer of Neuronal Nitric-oxide Synthase
  • 雑誌 / 共著 / 1999年 9月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.274 No.38 26956-26961
  • 107

  • Expression of Neuronal Nitric Oxide Synthase in Yeast: Purification and Characterization
  • 単行本 / 分担執筆 / 1998年
    The Biology of Nitric Oxide, Part 6, Portland Press, London
  • / 55-
  • 108

  • Autoxidation Rates of Neuronal Nitric Oxide Synthase: Effects of the Substrates, Inhibitors, and Modulators
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Biochemical and Biophysical Research Communications
  • / Vol.253 845-849
  • 109

  • The N=N Bond Cleavage of Angeli's Salt Is Markedly Enhanced by Cytochrome P450 1A2: Effects of Distal Amino Acid Mutations on the Formation of Nitric Oxide Complexes
  • 単行本 / 分担執筆 / 1998年
    Oxygen Homeostasis and Its Dynamics, Springer-Verlag, Tokyo
  • / 199-203
  • 110

  • CO Binding Studies of Nitric Oxide Synthase: Effects of the Substrate, Inhibitors and Tetrahydrobiopterin
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    FEBS Lett.
  • / Vol.430 377-380
  • 111

  • Interaction of Angeli's Salt with Cytochrome P450 1A2 Distal Mutants: An Optical Absorption Spectral Study
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Biochim. Biophys. Acta
  • / Vol.1343 67-75
  • 112

  • Nitric Oxide Synthesis Capabilities of Cytochrome P450 1A2 and NADPH-Cytochrome P450 Reductase from NG-Hydroxy-L-Arginine
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Chem. Lett.
  • / Vol.26 759-760
  • 113

  • Conserved Glu318 at the Cytochrome P450 1A2 Distal Site is Crucial in the Nitric Oxide-Complex Stability
  • 雑誌 / 共著 / 1996年 4月
    The Journal of Biological Chemistry
  • / Vol.271 No.15 8570-8574
  • 114

  • Tris(2,2'-bipyridyl)ruthenium(II) - Mediated Photo-Induced Electron Transfer of Engineered Cytochrome P450 1A2
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    J. Photochem. Photobiol.: B Biology
  • / Vol.32 171-176
  • 115

  • Marked Effects of Alcohols and Imidazoles on the Cumyl Hydroperoxide Reaction with the Wild-Type Cytochrome P450 1A2
  • 雑誌 / 共著 / 1995年 9月
    Arch. Biochem. Biophys.
  • / Vol.322 No.1 277-283
  • 116

  • Marked Detergents Effects on Safranine T-Mediated Photo-Induced Electron Transfer in Cytochrome P450 1A2
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Biochim. Biophys. Acta
  • / Vol.1252 245-250
  • 117

  • Remarkable Enhancement of 7-Ethoxycoumarin O-Deethylation by Lys250, Arg251 and Lys253 Mutations of Cytochrome P450 1A2
  • 雑誌 / 共著 / 1994年
    Chem. Lett.
  • / Vol.23 311-314

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp