久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 谷川 健の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • Clinical phenotype and molecular analysis of a homozygous ABCA11 mutation responsible for progressive infantile cholestasis.
  • 雑誌 / 共著 / 2018年 5月
    J Hum Genet
  • / Vol.5 No.63 569-577
  • 2

  • 肺紡錘細胞癌の一切除例
  • 雑誌 / 共著 / 2017年 7月
    日本臨床細胞学会九州連合会雑誌
  • / Vol.48 79〜82
  • 3

  • Successful treatment with 4-phenylbutyrate in a patient with benign recurrent intrahepatic holes tasks type 2 refractory to biliary drainage and bilirubin adsorption.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Hepatol Res
  • / Vol.2 No.46 192-200
  • 4

  • Effects of 4-phenylbutyrate therapy in a preterm infant with cholestasis and liver fibrosis.
  • 雑誌 / 共著 / 2017年
    Pediatr Int
  • / Vol.6 No.58 506-509
  • 5

  • 乳児期に発症した特発性横行結腸穿孔の1例
  • その他 / 共著 / 2016年
    日本小児外科学会雑誌(0288-609X)
  • / Vol.52 No.4 992-998
  • 6

  • 分子病理検査における検体の取り扱いと細胞診検体を用いた遺伝子解析の試み
  • その他 / 共著 / 2016年
    日本臨床細胞学会九州連合会雑誌(0912-6600)
  • / Vol.47 9-12
  • 7

  • 中間型松果体実質腫瘍の1例
  • その他 / 共著 / 2016年
    日本臨床細胞学会雑誌(0478-1193)
  • / Vol.55 No.2 107-111
  • 8

  • 【最新肝癌学ー基礎と臨床の最新研究動向】肝癌の危険因子と発癌機除 非B非C肝癌    非B 非C肝癌の危険因子と発癌機序  うっ血肝、Budd-Chiari 症候群
  • その他 / 共著 / 2015年 1月
    日本臨床
  • / Vol.73 No.増刊1 108-112
  • 9

  • Successful diuretics treatment of protein-losing enteropathy in Noonan syndrome.
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    Pediatr Int
  • / Vol.2 No.57 e39-41
  • 10

  • 【最新肝癌学ー基礎と臨床の最新研究動向】肝癌の病理・病態 肝芽腫
  • 雑誌 / 共著 / 2015年
    日本臨床
  • / Vol.73 292-296
  • 11

  • Pathological characteristics of patients who develop hepatocellular carcinoma with negative results of both serous hepatitis B surface antigen and hepatitis C virus antibody.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 8月
    Hepatol Res
  • 12

  • Infantile neuroblastoma of the urinary bladder detected by hematuria.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 7月
    Pediatr Surg Int
  • / Vol.29 No.7 753-757
  • 13

  • Accumulation of platelets in the liver may be an important contributory factor to thrombocytopenia and liver fibrosis in chronic hepatitis C.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    J Gastroenterol
  • / Vol.48 No.4 526-534
  • 14

  • Clinicopathologic analysis of combined hepatocellular-cholangiocarcinoma according to the latest WHO classification.
  • 雑誌 / 共著 / 2013年 4月
    Am J Surg Pathol
  • / Vol.37 No.4 496-505
  • 15

  • 胆汁うっ滞の病理
  • その他 / 共著 / 2011年 6月
    小児内科
  • / Vol.43 No.6 992-999
  • 16

  • 早期肝細胞癌(肝癌と前癌病変の病理)
  • その他 / 共著 / 2011年
    肝臓
  • / Vol.52 No.7 406-414
  • 17

  • 第8章 肝 孤在性動脈・異常動脈
  • その他 / 共著 / 2010年
    病理と臨床
  • / Vol.28 No.臨増刊 162-163
  • 18

  • 乳児期肝内胆汁うっ滞症、小児期肝内胆汁うっ滞症
  • その他 / 共著 / 2010年
    日本臨床 新領域別症候群シリーズ
  • / No.別冊 443-447
  • 19

  • C型ウイルス肝炎の臨床病理
  • その他 / 共著 / 2009年
    病理と臨床
  • / Vol.27 No.増刊 181-190
  • 20

  • von Hippel-Lindau 病に合併した錐体骨病変
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    脳神経外科ジャーナル
  • / Vol.17 No.9 716-722
  • 21

  • Pathological analysis of oxypholic granular hepatocytes and hepatocellular mitochondria in chronic hepatitis C
  • 雑誌 / 共著 / 2007年
    Hepatology Research
  • / Vol.37 425-432
  • 22

  • 小児期の肝胆膵疾患の病理の特徴
  • その他 / 共著 / 2007年
    肝胆膵
  • / Vol.55 No.2 187-196
  • 23

  • 新生児肝炎症候群
  • その他 / 共著 / 2006年
    小児内科
  • / Vol.38 No.増刊 416-417
  • 24

  • Budd-Chiari 症候群
  • その他 / 共著 / 2005年
    肝胆膵
  • / Vol.51 No.3 371〜378
  • 25

  • 腫瘍類似病変との鑑別:胆管細胞腺腫と胆管性過誤腫
  • その他 / 共著 / 2005年
    肝胆膵
  • / Vol.50 No.6 905〜908

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp