久留米大学研究者紹介
津田  彰の外部資金獲得状況
名称 研究課題名 獲得年
(西暦)
日本学術振興会特定国派遣事業(英国) ストレスと免疫、健康に対する心理社会生物学的アプローチ 1993
電気通信普及財団(研究代表者) 情報関連企業におけるワークストレスと緩和要因の研究 1992
文部科学省科学研究費補助金一般研究(B)(研究代表者) 生活ストレスが心理生物学的反応性と健康関連行動に及ぼす影響 1995-1997
厚生省老人保健調査事業(研究代表者) 保健行動の変容とそれにかかわる心理学的諸要因の分析 1996
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(国際学術研究)(研究代表者) ライフスタイルと健康信念、ストレス反応性に関する共同研究 1996-1998
原子力システム安全研究所(受託研究代表者) ストレスと情報処理に関する調査研究 1997-2001
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)(研究代表者) ストレスの状態と心理生物学的ストレス反応: 実験的-フィールド研究 1998-2000
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)(研究代表者) 教師のワークストレスと健康支援: フィールド介入研究 2001-2003
喫煙科学研究(喫煙科学財団)(研究代表者) 喫煙行動の心理生物学的ストレス反応に及ぼす影響 2004-2006
科学研究費補助金基盤研究(C)企画調査(分担研究者) 実証に基づいた臨床心理学をわが国に定着させるためのシステムづくり 2005
福岡市健康づくり財団(研究代表者) 「改訂-いきいき度」尺度(PLS-R)の予後的妥当性の検討 2007
福岡市健康づくり財団(研究代表者) 「改訂-いきいき度」尺度(PLS-R)の質問表及びアドバイス表示の作成と指導要領の改訂等 2008
科学研究費補助金基盤研究(C)(分担研究者) 児童・思春期のこころの問題に対する脳科学的解明とバイオフィードバック治療の開発 2005-2007
科学研究費補助金基盤研究(C)(分担研究者) 非侵襲的脳機能イメージングを用いた軽度発達障害の病態解明と治療法の開発研究 2006-2008
科学研究費補助金基盤研究(A)(研究代表者) 多理論統合モデルを用いたストレスマネジメント介入のランダム化比較試験 2006-2009
科学研究費補助金基盤研究(B)(研究代表者) 心理的ウェルビーイングのポジティブ健康心理学的研究―多施設共同研究- 2010~2014

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp