久留米大学研究者紹介
中村  徹の外部資金獲得状況
名称 研究課題名 獲得年
(西暦)
平成18年度 石橋財団研究助成 自己末梢血単核球細胞移植による非代償性肝硬変症患者に対する肝臓再生療法の試み 2006. 4
平成19年度 久留米大学医学部同窓会研究助成 非代償性肝硬変患者に対する自己末梢血単核球細胞移植再生療法の確立 2007. 5
平成19年度 財団法人 医療・介護・教育研究財団 研究助成 非代償性肝硬変症患者に対する自己末梢血単核球細胞移植再生療法 2007.11
平成19年度 財団法人 貝原守一医学振興財団 非代償性肝硬変患者に対する自己末梢血単核球細胞を用いた再生医療 2008. 2
平成20年度 財団法人テルモ科学技術振興財団 自己末梢血単核球細胞移植による肝硬変症患者に対する肝臓再生療法 2008. 4
平成24年度 久留米大学石橋学術振興基金 CD34陽性細胞移植による肝硬変症に対する効果的な肝再生促進法の開発 2012. 4
平成24年度 臨床医学振興財団 自己末梢血CD34陽性幹細胞の肝動注投与による非代償性肝硬変患者に対する肝臓再生療法 2012. 7
科学研究費 若手研究(B) 線維肝への変異型TGF-beta II型受容体遺伝子導入による肝再生促進因子の検討 2002.4~2005.3
科学研究費 若手研究(B) 血管内皮前駆細胞を用いた肝線維症に対する新しい細胞療法の開発 2005.4~2008.3
科学研究費 若手研究(B) 抗線維化遺伝子修飾血管内皮前駆細胞を用いた肝臓再生療法の開発 2008.4~2011.3
科学研究費 若手研究(B) CD34陽性細胞移植による肝硬変症に対する効率的な肝再生促進法の開発 2011.4~2014.3
科学研究費 基盤研究(C) 自己組織化ペプチドハイドロゲルを用いた効率的な肝再生細胞療法開発のための基盤研究 2015.4~2018.3

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp