久留米大学研究者紹介
太田 啓介の外部資金獲得状況
名称 研究課題名 獲得年
(西暦)
萌芽研究(分担) 細胞内シグナル伝達系遺伝子変異による新たな消化管運動障害モデルの検討(代表:中村桂一郎) 2004-2005
萌芽的研究→萌芽研究(分担) 神経栄養因子BDNFの、脊髄神経節より脊髄後索に入る突起における作用 2001-2002
科研費(若手研究B)(代表) 生体内で軸索末端に投与された神経栄養因子に反応する神経細胞体の同定法開発 2003~2004
基盤研究(C)(分担) 末梢組織内に分布するGFP蛍光ラベルした骨髄由来細胞の微細形態と組織学的解析(代表中村桂一郎) 2007
挑戦的萌芽研究(解剖学一般(含組織学・発生学))分担 生体組織メゾスケール3次元解析のためのFIB連続切削SEM表面組成観察法の最適化 2011
石橋学術振興基金 石橋助成金 新しい電子顕微鏡法を可能にする新機構機能包埋樹脂の開発 2012
基盤研究C(代表) 次世代ストラクトーム解析による真皮細胞間相互作用の形態的評価と病態との関連 2012-2014
宇部興産奨学研究助成寄付金 各種培養条件下における細胞の形態的研究 2013-2015
基盤研究(B)(分担) 全身の結合組織線維芽細胞のFIB/SEMトモグラフィによる三次元超微形態解析(代表:中村桂一郎) 2013-2016
基盤研究(C)(分担) 排尿筋層に存在する間質細胞の超微形態三次元再構築法による機能解析(代表:林篤正) 2015-2017
基盤研究(C)(分担) FIB/SEMを用いた強角膜線維芽細胞ネットワークの解析と近視病態解析への応用(代表:平田 憲) 2015-2017
基盤研究(C)(分担) マクロファージを制し根治を目指す!新型電子顕微鏡での肥厚性瘢痕、ケロイドの研究(代表:古賀憲幸) 2015-2017
基盤研究(C)(代表) FIB/SEMによるミトコンドリアダイナミクスに関わる3次元的超微構造変化の解明 2015-2017

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp