久留米大学研究者紹介
外角 直樹の外部資金獲得状況
名称 研究課題名 獲得年
(西暦)
石橋学術振興基金 再生医療を指向したヒトiPS細胞からドパミン作動性細胞への効率的分化誘導と細胞機能解析 2018-2019
財団法人 緒方記念科学振興財団 治療抵抗性うつ病の病態解明と治療法開発 2016
科研費 基盤研究C 細胞外マトリックス糖鎖分子による神経細胞の形態形成制御機構 2014-2016
石橋学術振興基金 細胞外マトリックス糖鎖分子による神経細胞の形態形成制御機構 2014
熊本大学発生医学研究所共同研究課題(旅費支援) 細胞外マトリックス糖鎖分子による大脳皮質形成の制御機構 2013
成茂神経科学研究助成基金      (研究奨励金) ニューロンへの分化を促進する細胞外マトリックス糖鎖分子 2011
科研費若手研究B 神経再生を制御するコンドロイチン硫酸の糖鎖構造と作用分子機構 2010-2011
石橋学術振興基金 神経再生を制御するコンドロイチン硫酸の糖鎖構造と作用分子機構 2010
私立大学等経常費補助金特別補助対象事業「教育・学習方法等改善支援」 医学部学生の基礎医学研究参加支援 2008-2010
科研費若手研究B コンドロイチン硫酸による神経損傷再生の制御機構 2008-2009
石橋学術振興基金 コンドロイチン硫酸による神経損傷再生の制御機構 2008
財団法人 緒方記念科学振興財団 (研究代表者: 西 昭徳 教授) 神経再生療法開発のための基礎的研究 2008
科研費若手研究B ドーパミン神経保護作用を示すプロテオグリカンの構造とその作用分子機構 2006-2007
成茂神経科学研究助成基金    (海外学会渡航費補助金) Synthetic chondroitin sulfate E tetrasaccharide promotes neurite outgrowth of dopaminergic neurons. 2006
石橋学術振興基金 ドーパミン神経保護作用を示すプロテオグリカンの構造とその作用分子機構 2006
貝原守一医学振興財団研究助成金 ドーパミン神経の機能制御におけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの役割 2005
科研費基盤研究C ドーパミン神経の分化・発達・再生を調節する糖鎖の構造と細胞内シグナル伝達機構 2004-2005

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp