久留米大学研究者紹介
伊東 恭悟の外部資金獲得状況
名称 研究課題名 獲得年
(西暦)
厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業) 標準治療抵抗性神経膠芽腫に対するペプチドワクチンの第Ⅲ相臨床研究 2011-2013
厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症研究事業 ペプチド抗体のよるSARS(重症急性呼吸器症候群)診断の迅速化 2004-2006
私立大学ハイテクリサーチ整備事業 癌ペプチドワクチンの開発に向けた癌抗原遺伝子クローニングとペプチド同定(代表者:薬師寺道明) 2001-2005
21世紀COEプログラム 先端的な癌治療研究の拠点(代表者:薬師寺道明) 2003-2007
文部科学研究費特定領域研究(c)(1) 発がんとがん防御の基礎研究 2000-2002
厚生労働科学研究費補助金(基礎研究成果の臨床応用推進研究事業) 癌治療ペプチドワクチン及びペプチド抗体開発:遺伝子同定から臨床試験まで 2002-2004
研究成果最適移転事業 成果育成プログラム プログラムC(ベンチャー) 免疫多様性解読による個人別最適医療支援(テーラーメイド型免疫治療サポート) 2002-2005
厚生科学研究補助金(がん克服戦略研究事業) 癌のワクチン療法に関する研究 2000-2002
厚生省がん研究助成金指定研究 T細胞により特異的に認識される癌退縮抗原 1997-1999
厚生科学研究補助金(がん克服戦略研究事業) 婦人科領域扁平上皮癌退縮抗原の同定と癌ワクチン分子開発 1997-1999
厚生労働省がん研究助成金 腫瘍抗原ペプチドを標的としたワクチン細胞療法に関する研究 1999-2002
文部省科学研究費 特定領域研究2 ヒトCD8+キラーT細胞により認識されるがん拒絶抗原の解析に関する研究 2000-2004
文部省科学研究費 重点領域研究2 ヒト自家癌腫瘍に対するCTL株作製に基づく腫瘍特異免疫療法 1998
文部省科学研究費 基盤研究(B) 消化器癌退縮抗原遺伝子のクローニングとワクチン開発の基礎研究 1997-1998
ひと癌退縮抗原 (MAGE) を用いた消化器癌に対するワクチン開発の基礎研究 文部省科学研究費 基盤研究(B) 1996
文部省科学研究費 重点領域研究2 ヒト自家癌腫瘍に対するCTL株作製に基づく腫瘍特異免疫療法に関する研究 1997
私立大学ハイテク・リサーチ・センター整備事業 難治性疾患(癌及び自己免疫病)標的分子の遺伝子クローニング 1996-2000
厚生省ヒトゲノム遺伝子治療研究事業(H10-ゲノム-003) ヒト癌拒絶抗原遺伝子同定と癌ワクチン開発に関する研究 1998-2000

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp