久留米大学研究者紹介
神田 芳郎の外部資金獲得状況
名称 研究課題名 獲得年
(西暦)
科研費 基盤研究(C) ハプトグロビンと血中コレステロール濃度の関係に肥満は影響するのか。 2020-2022
科研費 基盤研究(C) ABO抗原はいかにして血液型抗原になったか 2018-2020
科研費 基盤研究(C) ハプトグロビンは頭蓋内出血後の合併症及び予後の予測因子になりうるか 2017-2019
科研費 基盤研究(C) ハプトグロビン-ジェノタイピングによる脳血管疾患予防/予後予測法の確立 2016-2018
科研費 基盤研究(C) ハプトグロビン血中濃度に関与する遺伝子多型の検索 2014-2016
科研費 基盤研究(C) 指紋の総隆線数に関与する遺伝子多型同定を目的とした2つのアプローチ 2013-2015
厚労省 科研費 入浴中急死の病態解明と予防対策の検討 2012
科研費 挑戦的萌芽 TaqMan蛋白定量法を用いた法医診断に有用な生化学的マーカーの定量法の確立 2011-2012
科研費 基盤(C) ルイス式血液型合成に関与するFUT2とFUT3の多型および相関解析 2009-2011
科研費 基盤(A) 集団特異的形態形成に関与する遺伝子群の多型検索および機能解析 2009-2011
厚労省 科研費 輸血副作用の原因遺伝子ハプトグロビン欠失アリルの迅速簡便な診断法の確立と輸血前診断への臨床応用 2008-2010
科研費 基盤(C) ルイス式血液型責任遺伝子FUT2とFUT3の多型解析と合成機構の解明 2006-2007
科研費 基盤(B) 多型遺伝子のSNPsハプロタイプ解析とその法医学的応用 2004-2005
三井生命厚生事業団医学第35回研究助成金 日本人集団における疾患感受性遺伝子ハプロタイプ解析とその応用 2002
科研費 基盤(C) ABO分泌型遺伝子FUT2多型の世界の諸集団における分布 2002-2003
科研費 基盤(A) ABO式血液型の生命科学と法医学に関する研究 2001-2003
科研費 基盤(C) 人の様々な遺伝子座に存在するSNP解析とその法医学的応用 2001-2002
科研費 基盤(C) フコース転移酵素遺伝子群のDNAシークエンスの多様性の解析 1999-2000
科研費 国際学術 基盤(B) ABO及びLewis血液型糖鎖合成酵素遺伝子の諸集団における対立遺伝子の分布 1998
上原記念生命科学助成金 フコシルトランスフェラーゼ遺伝子の多型性について 1998
科研費 基盤(C) α1-2フコ-ス転移酵素(H及びSe酵素)の発現及び免疫組織学的研究 1997-1998
科研費 奨励(A) α(1,2)フコシルトランスフェラ-ゼ遺伝子(FUT1,FUT2)の構造解析   1997-1998
科研費 奨励(A) 非分泌型遺伝子(se)のクロ-ニング 1996
貝原守一医学研究助成金 α (1, 2) フコシルトランスフェラーゼ遺伝子の分子進化 1995
科研費 奨励(A) ルイス陰性遺伝子の同定とその遺伝子頻度の決定 1994
科研費 一般(C) 無ハプトグロビン血症の遺伝的解析 1994
科研費 奨励(A) 分泌型遺伝子のクローニング 1993

基本情報ページへ戻る


久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
 現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
 なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
 また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
 システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
<医学部>
総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
<文系学部>
御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp