久留米大学研究者紹介

【詳細】
  •  タイトル

  •  種類 / 単著・共著等 / 発行・発表年
     発行所、発行・発表雑誌等の名称 / 巻号頁

  • 唐 宇飛の著書・論文・学会発表等
    No. 詳細
    1

  • 乳腺外科
  • 単行本 / 分担執筆 / 2017年 4月
    わかりやすい外科学
  • / 232-241
  • 2

  • 乳癌センチネルリンパ節生検(SNB)における Hyper Eye Medical System(HEMS)カラー可視蛍光法の有用性
  • その他 / 共同発表 / 2014年 9月
    第16回SNNS研究会学術集会
  • 3

  • FEC followed by weekly nab-Paclitaxel療法による術前化学療法の臨床第Ⅱ相試験
  • その他 / 共同発表 / 2014年 8月
    第52回日本癌治療学会学術集会
  • 4

  • 乳癌の免疫腫瘍抗原を治療ターゲットとしたトランスレーションリサーチ ―基礎実験から臨床研究へ―
  • その他 / 共同発表 / 2014年 7月
    第22回日本乳癌学会学術総会
  • 5

  • Safety and Immunoligic Efficacy of Personalized Multiple HLA Classs Lrestricted Peptide Vaccines for Breast Cancer Patients in the Adjuvant Setting
  • その他 / 2014年 5月
    2014 ASCO annual Meeting
  • 6

  • 乳がんにおける統一地域連携クリ二カルパスの運用とその問題点
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    第114回日本外科学会定期学術集会
  • 7

  • The New Color Charge Coupled Device(CCD)Camera System(Hyper Eye Medical System) for Intra operative Detection of Sentinel Lymph Node from Breast Cancer
  • その他 / 共同発表 / 2014年 4月
    The 3rd International breast Cancer Symposium
  • 8

  • Hyper Eye Medical System(HEMS)カラー蛍光法を用いた乳癌センチネルリンパ節生検に関する臨床検討
  • その他 / 共同発表 / 2014年 3月
    第11回日本乳癌学会九州地方会
  • 9

  • Observational study of axilla treatment for breast cancer patients with 1-3 positive micrometastases or macrometastases in sentinel lymph nodes.
  • 雑誌 / 共著 / 2014年
    Japanese Journal of clinical oncology
  • / Vol.44 No.9 876-9
  • 10

  • Strategy to augment the efficacy of immunotherapy for refractory breast cancer using trastuzumab combined adoptive cell therapy
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 5月
    Journal of Clinical Oncology
  • / Vol.26 No.15S 147s
  • 11

  • Preclinical and clinical studies of novel breast cancer drugs targeting molecules involved in protein kinase C signaling, the putative metastasis-suppressor gene Cap43 and the Y-box binding protein-1.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 3月
    Curr Med Chem.
  • / Vol.15 No.6 528-537
  • 12

  • Adenomyoepithelioma of the breast diagnosed by a mammotome biopsy: report of a case.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年 2月
    Surg Today
  • / Vol.38 No.2 144-146
  • 13

  • Preclinical studies of molecular-targeting diagnostic and therapeutic strategies against breast cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2008年
    Breast Cancer
  • / Vol.15 No.1 73-78
  • 14

  • 胃癌腹膜播種に対する化学療法併用細胞免疫療法についての検討
  • 雑誌 / 共著 / 2007年11月
    癌と化学療法
  • / Vol.34 No.12 1931-1933
  • 15

  • 大腸憩室疾患の診断と治療
  • 雑誌 / 共著 / 2007年10月
    消化器外科
  • / Vol.30 No.11 1623-1628
  • 16

  • Combination of gemcitabine and adoptive cell therapy of autologous anti-tumor CTL induces clinical activities in patients with refractory lung cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2007年 6月
    Jouranal of Clinical Oncology
  • / Vol.25 No.18s 131s
  • 17

  • Intrapericardial cellular immunotherapy for malignant pericardial effusion using autologous IL-2-activated TILs.
  • 雑誌 / その他 / 2006年 6月
    Journal of Clinical Oncology
  • / Vol.24 No.18s 113
  • 18

  • 難治性再発乳癌に対する細胞免疫療法とトラスツズマブ(ハーセプチン)併用による集学的治療に関する臨床研究
  • 雑誌 / 共著 / 2006年 4月
    外科治療
  • / Vol.94 No.4 764〜766
  • 19

  • Characterization of IL-2-activated TILs and their use in intrapericardial immunotherapy in malignant pericardial effusion.
  • 雑誌 / 共著 / 2005年12月
    Cancer Immunol Immunother.
  • / Vol.16 1 〜 9
  • 20

  • 難治性乳癌に対するTrastuzumab(Herceptin)と自己活性化リンパ球局所投与の併用による免疫療法
  • 雑誌 / 共著 / 2005年10月
    癌と化学療法
  • / Vol.32 No.11 1789 〜 1791
  • 21

  • The Proteasome Inhibitor Bortezomib(Velcade) Sensitizes Some Human Tumor Cells to Apo2L/TRAIL-Mediated Apoptosis
  • 雑誌 / 共著 / 2005年10月
    Ann. N.Y. Acad. Sci
  • / Vol.1059 1-8
  • 22

  • The cell transfer immunotherapy of intraarterial infusion for the patients with liver metastases of gastrointestinal and pancreas cancer
  • 雑誌 / その他 / 2005年 5月
    Journal of Clinical Oncology (Proc Am Soc Clin Oncl)
  • / Vol.23 No.16S 186
  • 23

  • The synergistic clinical effect of autologous tumor-stimulated T lymphocyte and herceptin on the immunotherapy of breast cancer
  • 雑誌 / その他 / 2005年 5月
    Journal of Clinical Oncology (Proc Am Soc Clin Oncl)
  • / Vol.23 No.16s 71
  • 24

  • Antineoplaston induces G1 arrest by PKCa and MAPK pathway in SKBR-3 breast cancer cells
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    ONCOLOGY REPORTS
  • / Vol. 14 489-494
  • 25

  • Advanced chemoresistant breast cancer responding to multidisciplinary treatment with hyperthermia, radiotherapy, and intraarterial infusion
  • 雑誌 / 共著 / 2005年 4月
    Int J Clin Oncol.
  • / Vol.10 No.2 139 〜 143
  • 26

  • 抗癌剤・放射線併用免疫細胞療法の効果と患者リンパ球サイトカイン産生に関する検討
  • 雑誌 / 共著 / 2004年10月
    癌と化学療法
  • / Vol.31 No.11 1649 〜 1651
  • 27

  • 肝転移を伴う膵癌の局所癌免疫化学療法の経験
  • 雑誌 / 共著 / 2004年10月
    癌と化学療法
  • / Vol.31 No.11 1752 〜 1754
  • 28

  • Repeated immune cell transfer therapy combined with non myeloablative chemotherapy in patients with refractory recurrent gastrointestinal and lung cancer.
  • 雑誌 / その他 / 2004年 7月
    Journal of Clinical Oncology, ASCO Annual Meeting Proceedings (Post-Meeting Edition)
  • / Vol.22 No.14s 2541
  • 29

  • 食道癌の集学的治療;とくに癌免疫療法の現状と展望について
  • 雑誌 / 共著 / 2004年 1月
    消化器外科
  • / Vol.27 No.1 99〜105
  • 30

  • 癌局所療法としての細胞免疫療法による患者免疫状態への影響とその臨床効果
  • 雑誌 / 共著 / 2003年10月
    癌と化学療法
  • / Vol.30 No.11 1566 〜 1570
  • 31

  • Locoregional adoptive immunotherapy resulted in regression in distant metastases of a recurrent esophageal cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2002年12月
    Int J Clin Oncol.
  • / Vol.7 No.6 372〜375
  • 32

  • 食道癌術後肝転移症例に対する局所細胞免疫療法の試み
  • 雑誌 / 共著 / 2002年11月
    癌と化学療法
  • / Vol.29 No.12 2152 〜 2156
  • 33

  • 局所進行食道癌の集学的治療
  • 雑誌 / 共著 / 2002年
    臨床外科 
  • / Vol.57 No.2 177-184
  • 34

  • 癌免疫療法-とくに高度進行癌に対する自己活性化リンパ球局所療法についてー
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 4月
    臨床と研究
  • / Vol.78 No.4 133-137
  • 35

  • 胃癌の治療:腫瘍ワクチン
  • 雑誌 / 共著 / 2001年 4月
    日本臨床
  • / Vol.59 No.4
  • 36

  • 上皮癌ワクチン開発の分子医学
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    分子がん医療
  • / Vol.2 No.1 10-17
  • 37

  • 直腸癌術後の骨盤内局所再発例に対する自己活性化リンパ球による細胞免疫療法の試み
  • 雑誌 / 共著 / 2001年
    癌と化学療法
  • / Vol.28 No.11 1692-1695
  • 38

  • Locoregional cellular immunotherapy for patients with advanced esophageal cancer
  • 雑誌 / 共著 / 2000年12月
    Clin Cancer Res.
  • / Vol.6 No.12 4663-4673
  • 39

  • Specific adoptive immunotherapy with autologous tumor cell-activated lymphocytes for esophageal cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年10月
    Biotherapy
  • / Vol.14 No.1 26-28.
  • 40

  • Continuous intra-arterial 5-FU chemotherapy in a patient with a repeated recurrence of rectal cancer.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 6月
    Dis Colon Rectum
  • / Vol.43 868-871
  • 41

  • 進行食道癌に対する免疫療法
  • 雑誌 / 共著 / 2000年 5月
    消化器外科
  • / Vol.23 No.6 1029-1036
  • 42

  • 進行癌に対する自己活性化リンパ球の癌局所移入療法
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    医学のあゆみ
  • / Vol.195 No.1 61-65
  • 43

  • Immunotherapy of Esophageal Cancer Patients by Intra-Tumoral Injection of CTLs Through an Endoscope
  • 雑誌 / その他 / 2000年
    Proc Am Soc Clin Oncl
  • / Vol.19 270
  • 44

  • 他臓器浸潤(T4)食道癌に対するChemoradiotherapyの新展開ム手術療法は必要か?
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    癌と化学療法
  • / Vol.27 No.13 2016-2022
  • 45

  • Histopathological analysis of non-malignant and malignant epithelium in achalasia of esophagus.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    Disease of Esophagus.
  • / Vol.13 43-49
  • 46

  • Induction of human leukocyte antigen-A26-restricted and tumor-specific cytotoxic T lymphocytes by a single peptide of the SART1 antigen in patients with cancer with different A26 subtypes.
  • 雑誌 / 共著 / 2000年
    J Immunother.
  • / Vol.23 No.3 296-303
  • 47

  • A New Bipolar Snare with a Needle for Endoscopic Mucosal Resection.
  • 雑誌 / 共著 / 1998年
    Endoscopy
  • / Vol. 30 64 - 65
  • 48

  • Chemotherapy of Intraarterial 5-FU Continous Infusion for Rectal Carcinoma.
  • 雑誌 / その他 / 1997年11月
    Prco. 6th Congress of the Asian Federation of Coloproctology
  • 49

  • HLA Class I-Restricted and Tumor-Specific Cytotoxic T lymphocytes from Metatstatic Lymph Nodes of Esophageal Cancers.
  • 雑誌 / 共著 / 1997年
    Cellular Immunology
  • / Vol.177 137-143
  • 50

  • A monoclonal antibody KIS-1 recognizing a new membrane antigen on human squamous cell carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 1996年
    Int. J. Cancer
  • / Vol.66 600-606
  • 51

  • HLA-A2601-restricted cytotoxic T lymphocytes recognizing a peptide antigen expressed on squamous cell carcinoma.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Cancer Res.
  • / Vol.55 4248-4252
  • 52

  • Expression of MAGE-1 gene by esophageal carcinomas.
  • 雑誌 / 共著 / 1995年
    Jap. J. Cancer Res.
  • / Vol.86 714-717

  • 基本情報ページへ戻る


    久留米大学研究者紹介についてのお問合せ先
     現在、登録準備中の研究者もいます。内容については、随時更新することにしています。
     なお、研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせはご遠慮ください。
     また、久留米大学研究者紹介の内容を無断転用することを禁止します。
     システムの制約上、対応できない文字に関しては、正式の表記ではない文字を使用しています。
    <医学部>
    総合企画部 産学官連携推進室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7917 /  FAX:0942-31-7918
    kensuiアットマークkurume-u.ac.jp
    <文系学部>
    御井学舎事務部庶務課 (久留米市御井町1635)
    TEL:0942-43-4411 /  FAX:0942-43-0574
    mii-syomuアットマークkurume-u.ac.jp
    ※なお、取材等に関しましては、下記へお問い合わせください。
    総合企画部 広報室 (久留米市旭町67)
    TEL:0942-31-7511 / FAX:0942-31-7718
    kikaukukouhouアットマークkurume-u.ac.jp